美味しいイノシシ肉

 

豚肉に比べ、カロリーは1/3、塩分にいたっては1/5という驚異的なヘルシーさが特徴です。
肉質は豚肉や牛肉よりやや硬いのですが、豚肉同様赤身の外側に脂肪がついているため長く炊き込んでも
硬くならず煮込めば煮込むほどおいしくなります。

冬に備えて栄養たっぷり蓄え、脂ののった野生のイノシシ肉は最高です。



 




獣肉食が禁忌とされた時代も、山間部などでは「山鯨」と称して細々と、あるいは堂々と食べられており、「薬喰い」の別名からもわかるように、滋養強壮の食材とされていましたた。
白い脂肪に縁どられた赤いイノシシの肉は、切り分けて皿に盛った状態が牡丹の花のようであることから「牡丹肉」とも言われています。