イノシシの被害防止、及び捕獲方法

 

016電気牧柵

約3000~8000Vの高圧電流が流れます。
ポイントはイノシシの弱点となる鼻に当たる高
さにワイヤーを張ることです。          
鼻までの高さは、大人のイノシシで50cm  
ウリボウで20cmくらい。          
014トタン板

イノシシから作物を隠すには一番扱いやすい
方法です。                    
トタンの幅は60cm位ですが、イノシシの
ジャンプ力は1,2メートルもあります。    
トタンを飛び越えて侵入されないよう2段に 
する方法や、電気牧柵と組み合わせることで
効果が期待できます。
018ワイヤーメッシュ

強度に優れた柵です。
イノシシ専用タイプと建築資材を利用したタイプ
があります。                    
視覚遮断はありません。             
イノシシが鼻で持ち上げないよう、支柱はしっか
り打ち込んでおく必要があります。
015ネット

漁網や専用の防獣ネットは、柔らかく絡みつき
やすいのが特徴です。              
斜面や起伏のある場所に適しています。   
視覚遮断効果はないため、柔らかい網は破られ
て侵入される可能性があります。        
013囲いわな

入り口に柵がセットしてあり、中の餌にイノシシが 
触れるとガシャンと柵が落ちて閉まるという仕掛け。
価格が高く仕掛け場所が限定されます。
効果的な場所に設置すること。
017くくりわな

けもの道に落とし穴を掘り、その周りにワイヤーで作
ったワナを仕掛け、イノシシが足を踏み込んだ時に
バネが弾いてワイヤーが締まるというもの。    
持ち運びが簡単で一度に数箇所の設置が可能。